2010年10月26日

膀胱炎などによいつぼ

便秘は、長引くと辛いものです。
また、別の疾患の原因ともなってしまいます。

逆に、胃腸が悪く、下痢を繰り返すのも辛いものです。
そのなかでストレスが原因の神経性の下痢については、つぼが特効薬となります。
また、最近では、下痢と便秘を交互に繰り返す、過敏性腸症候群の方も多いと聞いています。

その他にも、つぼ治療は、消化器系の疾患にも有効とされます。
膀胱炎になってしまうと、トイレが近くなり、いざ排尿しようとしてもたいして出ないし、痛みもあったりして、不快な症状が出るものです。
何度も膀胱炎を繰り返す人、急性の膀胱炎に悩まされる人には、つぼを刺激することをおすすめします。

消化器の悩みには、足の陰陵泉などが、効果があります。
膝関節の内側を下に探っていくと、ふくらみがあり、その下で、骨のすぐ後ろにあります。
また、外くるぶしの後ろ、アキレス腱の前のくぼみも、消化器の調子や膀胱炎には効果があるとされています。

つぼ指圧は、症状の軽いうちに始めるということが大切です。
そうすることで、家庭で施術しても、十分な効果が期待できるはずです。
特に、膀胱炎の場合は、再発の可能性が多くあります。
1週間〜2週間は、継続して続けるようにしてください。
タグ:つぼ 膀胱炎
posted by massageforce at 17:06| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。