2011年01月28日

眼精疲労に効くツボ

パソコンや読書などで、目をたくさん使って眼精疲労を感じている方も現代では多いのではないでしょうか。
目の疲れは肩こりなどにもつながるので、少しずつでも解消していきたいですよね。
そんな時は手にある、眼精疲労に効果のあるツボを押してみましょう。

手の甲側の小指の第一関節のところに、小骨空(しょうこっくう)というツボがあります。
このツボは、パソコンや読書など、目を使い過ぎて起こってしまう眼精疲労を解消させる効果をもっているツボなのです。
目を動かしている筋肉の血行を改善し、疲労回復を促進させる効果があるのです。
また、涙目やものもらいなどにも効果が期待できます。

ツボの押し方としては、小指を軽く曲げておいて、もう一方の親指と人差し指で、小指を掴むようにして親指の先で軽く押し揉んで刺激してあげましょう。
3秒ほど押して、ゆっくりと放してください。
これを左右の手のツボに、それぞれ5回ずつ行います。
押した後は、人差し指の腹で往復30回ほどこすってあげましょう。
ラベル:目の疲れ
posted by massageforce at 16:13| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。