2011年02月04日

咳に効くツボ

風邪でノドや気管支が炎症を起こすと、咳がでます。
咳は体力を消耗させ、風邪をこじらせる要因となるので注意が必要です。
咳こんだときに胸が痛むようなら、痛む方の足を重点的にもみほぐしましょう。

気管支(きかんし):
のど・気管支ゾーンは、親指と人差し指との股の間に位置します。
かかとに向かってじっくりとのど・気管支ゾーンを押しもめば、
のどの痛みやせきの症状が緩和されます。

肺(はい):
肺ゾーンは、咳や胸がぜいぜいいうなどの症状を和らげる効果があります。
右足→右肺、左足→左肺に対応しているので、苦しい側の肺に対応した方を点的にもんでください。呼吸器系が弱い人は、風邪の予防に最適です。
ラベル:ツボ
posted by massageforce at 16:05| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。