2011年06月11日

近視のメカニズム

そもそも近視になってしまうメカニズムとしては

@近くを見ることによって
 毛様体筋が緊張して、水晶体が厚くなってしまう。

A毛様体筋の緊張状態が、長時間続いてしまうと、
 眼は何とか近くを楽に見ようとして、
 眼の構造を近くを見る環境へと適応させようとする。

B近くを見続けても、水晶体をあまり厚くせずに
 緊張しないで近くを見るために、
・角膜の湾曲を増大させて、凸レンズ効果を増大させる(屈折性近視)

・網膜を後方に下げるために、眼球を前後に伸ばす(軸性近視)


これらの3段階を経て近視になるというわけなのです。

<地域別のマッサージ情報>
千代田区エリア|出張マッサージ東京アロマプレミアム
癒しのマッサージが伊勢市にあります
ラベル:メカニズム
posted by massageforce at 12:25| 眼のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。