2010年11月03日

胃痛のつぼ

暴飲暴食が続いたり、ストレスがたまったりなどすると胃にきますね。
胃痛、もたれる、食欲がないなど胃腸の調子が乱れてしまいます。
こんなときは、胃腸の調子を整えるつぼを刺激して、胃腸の調子を取り戻しましょう。
食欲不振や消化不良、胃腸虚弱などの改善にも効果抜群ですので、一度お試しください。

中かんというつぼは、みぞおちとお臍を結んだラインの真ん中にあります。
このつぼは、胃腸の調子を活性化して食欲を増進させる効果を持っているつぼですので、胃腸が疲れ気味のときに刺激すれば、きっと段々と元気を取り戻すことでしょう。

足の三里は膝の皿外側から指4本分下がったところにあるつぼで、すねの骨外側のちょうどくぼんだところにあります。
この足の三里は胃腸の経絡上にあるつぼですので、毎日刺激していけば、胃腸が丈夫なる期待がかけられます。

[PR]
渋谷区 マッサージ
タグ:胃腸 つぼ
posted by massageforce at 17:01| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

胃腸の調子を崩している時のつぼ

よくお酒の飲み過ぎや食べ過ぎで、胃腸の調子を崩される方がおられます。
胃が重たくて食欲もわいてこない、食事をしていても美味しさが感じられない。
こんなときは、心も身体もなかなか元気が出てこないものですね。
そうやって胃腸に疲れが見えるときは、中かんと呼ばれるつぼを刺激しま しょう。

中かんというツボは、みぞおちとお臍を結んだラインの真ん中にあります。
このつぼは、胃腸の調子を活性化することで食欲を増進させる効果があるつぼですので、胃腸が疲れ気味のときに刺激すれば、徐々に元気を取り戻せると思います。

押し方
両手の指の腹で中かんを押したり揉んだりして刺激してください。
また、中国温灸を用いたり、煙草の火をつぼに近づけたり遠ざけたりするなどの刺激も効果的です。

ただし、満腹時は、中かんを刺激するのは控えましょう。
タグ:つぼ 胃腸
posted by massageforce at 17:15| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

水虫になったら

水虫は、世界中に見られる病気です。
しかし、高温多湿の日本では特によく見られる皮膚疾患です。

水虫は、白癬菌というカビが原因が起こる疾病です。
症状としては極度のかゆみを伴います。
特に、梅雨から夏にかけての季節は、症状が悪化しがちですので、水虫でお悩みの方にとってはとてもつらいでしょう。

さらに、人体を痛めずに水虫の原因であるこのカビだけを退治することはとても困難なのです。
おかげで完治したかなと思っていても実は体内に潜伏しているだけというケースも多々あります。
とてもやっかいな病気ですね。

そんな水虫には米酢を使った治療法を根気よく続けてみてください。

鍋の中に米酢を満たし、お風呂の温度くらいになるまで温めます。
温めたら、患部をその中に15〜20分間浸してください。
米酢は、3〜4日同じものを利用しても大丈夫です。

以上の治療法を最低でも1週間は続けてみてください。
それでも効果が見られない場合は、タバコの吸い殻をよくもみほぐして患部にふりかけ、しばらく放置するという治療法もあります。
タグ:水虫
posted by massageforce at 18:06| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

膀胱炎などによいつぼ

便秘は、長引くと辛いものです。
また、別の疾患の原因ともなってしまいます。

逆に、胃腸が悪く、下痢を繰り返すのも辛いものです。
そのなかでストレスが原因の神経性の下痢については、つぼが特効薬となります。
また、最近では、下痢と便秘を交互に繰り返す、過敏性腸症候群の方も多いと聞いています。

その他にも、つぼ治療は、消化器系の疾患にも有効とされます。
膀胱炎になってしまうと、トイレが近くなり、いざ排尿しようとしてもたいして出ないし、痛みもあったりして、不快な症状が出るものです。
何度も膀胱炎を繰り返す人、急性の膀胱炎に悩まされる人には、つぼを刺激することをおすすめします。

消化器の悩みには、足の陰陵泉などが、効果があります。
膝関節の内側を下に探っていくと、ふくらみがあり、その下で、骨のすぐ後ろにあります。
また、外くるぶしの後ろ、アキレス腱の前のくぼみも、消化器の調子や膀胱炎には効果があるとされています。

つぼ指圧は、症状の軽いうちに始めるということが大切です。
そうすることで、家庭で施術しても、十分な効果が期待できるはずです。
特に、膀胱炎の場合は、再発の可能性が多くあります。
1週間〜2週間は、継続して続けるようにしてください。
タグ:つぼ 膀胱炎
posted by massageforce at 17:06| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

更年期障害とつぼ

女性は、四十代から五十代にかけて、ホルモンのバランスが変化します。
そのせいで、イライラしたり、のぼせたりすることがありますね。

これは、老化への焦りや、家庭でのストレス等の溜まり具合の程度によっては、更年期障害の様々な症状に結びついたりしてしまいます。
そこまで行かなくても疲労感、ほてり、肩こり、腰痛などが出てくることはあります。
また、不快症状のある特定の場所だけでなく、自律神経の乱れを引き起こしてしまうと、憂鬱さなども引き出されてしまいます。

しかも、こういった不調は病院でもなかなかわかってもらえないことが多いです。
そして、どうしても、ひとりで悩みを抱えてしまいがちになります。
それがまた、それがさらなるストレスを生む原因となるスパイラルですね。

更年期障害にも、足つぼは、非常に効果があります。
全身のバランスを取り戻すのに、一度は試してもらいた治療法です。
可能であれば、誰かと一緒にやってほしいと思います。
相手の心遣いを感じることで、きっと症状もやわらぐことと思います。

更年期障害に効く足つぼは、足の三陰交です。
三陰交は、内くるぶしの上指四本分、骨のうしろ指一本分にあります。
また、血海というつぼも効果があると言われています。
血海は、膝の皿の内側上縁から、指ニ本分上にあります。
これらの足つぼは、女性の気血の巡りを良くして調節するのに欠かせない重要なつぼと言えます。

その他には、頭にある百会いうつぼは、自律神経を整えるのに効果があります。
百会は、頭のてっぺん、左右中央の線上に存在します。
タグ:つぼ
posted by massageforce at 17:20| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。