2010年12月21日

日本人の肩こり体型

肩こりの原因として、身体的なことも存在します。
この身体的な原因とは、簡単に言うと体型であり、遺伝的な体型と日常の生活習慣によって起こります。

体型は遺伝的な要素が強いので、自分ではなかなかどうすることももできない場合の方が多いと思います。
しかし、自分の体型と、その体型による癖を知ることで、対策も見えてくるでしょう。

日本人の体型は欧米人とは異なり、胴長短足でがっしりした方が多いですね。
最近では、食事や生活様式の欧米化でスタイルの良い若い方が増えました。
それでも日本人には肩こりが多いのは、んざなのでしょうか。

基本的に日本人の身体は硬いのです。
もちろん個人差はありますが、全体的にみると欧米人とは筋肉の質が違うようです。
日本人の筋肉には弾力があまりないので、こりを作りやすいようです。

身体全体をみても弾力が乏しいようですね。
これは関節の動く範囲とその滑らかさに原因があります。
骨盤の形の違いにも関係します。
肩こりになりやすい体型、体質の日本人ということなので、余計に普段からの肩こり予防を心がけたいですね。
タグ:肩こり 原因
posted by massageforce at 18:05| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

精神的な原因の肩こり その2

肩こりの精神的な原因での内的要因は、自分で作ってしまうストレスになります。
必要以上に考えてしまい、自分でストレスを作り出してしまっているような状態ですね。
簡単に言うとネガティヴです。

この内的要因の精神的な原因を持っている人の肩こりは、なかなか取れ辛いです。
出張マッサージ 池袋でも無理ですね。

肩こりの精神的な原因は、内的要因にしろ、外的要因にしろ、体操や港区 オイルマッサージなどでは取れません。
一時的に楽になったとしても、また、すぐに戻ってきてしまいます。

精神的な肩こりは、言うまでもなくその原因を取り除くことこそが対処策となります。
何もしなくても、その原因がなくなったとしたら不思議と肩こりも楽になります。
実際には、そんな簡単に原因がなくなることはありませんが。

しかし、根本的な原因をなくすことができないとしても、なるべく気楽に考えるようにしたり、些細なことを気にしないようにしたりするだけでも少しずつ変わっていくと思います。

逆に言うと精神的な肩こりは、原因さえ解決できれば必ず良くなるのです。
タグ:肩こり 原因
posted by massageforce at 12:40| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

精神的な原因の肩こり その1

肩こりの原因として、なにも肉体的なことだけではありません。
日々の生活の中での精神的なことも影響してきます。
単刀直入に言えばストレスです。

肩こりの原因は大きく分けて肉体的なものと、精神的なものに分類することが出来ます。
そして、そのうちの精神的な原因でも、内的要因と外的要因とに分類できます。

外的要因とは、先の述べたように一般的に言われるストレスのことになります。
人から受ける、またあるいは周りの環境から受けるストレスが外的要因です。

会社や学校、近所付き合い、家族などの人間関係、また、転勤や転職のような環境の変化、仕事のノルマや難しい仕事、学生ならば受験勉強や発表会など、期限の定められたものや結果が必要とされるものごと。
それらは全てストレスの原因となります。
また、データや金銭を扱うように間違えてはいけないというような神経を使い、緊張を伴う行動もストレスが強くなります。

こうったものが、外的要因です。
タグ:肩こり 原因
posted by massageforce at 15:57| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

肩甲骨の動きをチェックする方法

簡単に肩甲骨の動きをチェックする方法を紹介します。

1.椅子に浅く腰かけ背筋を伸ばす
2.手の指を、お腹の前で軽く組む
3.肩甲骨同士をくっつけるように、ゆっくり動かす
4.肩甲骨をゆっくり戻す

または、

1.椅子に浅く腰かけ背筋を伸ばす
2.手をももの上にのせる
3.肩甲骨と上にゆっくり挙げる
4.肩甲骨をゆっくり戻す

動かす時はゆっくりと動かして、肩甲骨の動きを感じるように意識してください。
肩甲骨を動かす時は顔を正面に向けて、うつむいたり、顎が出たりしないようにしましょう。
肩甲骨のみを動かすように意識します。
肩甲骨を上に挙げた時は、肩が前に入りやすいので、垂直に上に挙げるように気を付けましょう。

このチェック法だけでも、少し肩が温かくなり、楽になることもあります。
それだけ肩甲骨の動きが、肩こりと関係しているということです。

[PR]
東京 出張マッサージ
東京 マッサージ
posted by massageforce at 13:47| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

肩こりと肩甲骨

肩こりの原因としては様々なものがありますが、肩甲骨の動きが直接的に肩こりと関わってきます。

肩の周りのほとんどの筋肉は、肩甲骨に付いています。
そして、肩こりの症状を起こすいわれている筋肉のほとんどが、肩甲骨に関係しているのです。

つまり、肩こりを起こしている原因である筋肉が肩甲骨についているということになるので、その肩の筋肉にこりがあれば、必然的に肩甲骨の動きが悪くなってしまうということでもあります。
逆に言うと、肩甲骨の動きが悪くなってくることで肩こりを起こしやすくなるということも言えますね。

しかし、残念ながら厄介なことにこの肩甲骨の動きというものは、なかなか自分ではわからないものです。
肩甲骨の動きが肩こりにとって大切なものだと、いくら分かっていたとしても、自覚できないのでは動きを改善しようとしても、動きが良くなっているのかさえわからないので困ってしまいます。
そもそも動きが悪いのかどうかさえ分からないものです。

そこで、次項では、肩甲骨の動きをのチェックする簡単な方法を紹介します。
posted by massageforce at 19:15| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。